de spiriarto & lucy (ゲームレビュアー artoのページ)   現在位置: トップページ |  ご感想: Web拍手 or メールまで
 ゲームレビュアー artoのページ
  『de spiriarto & lucy』
                     ゲーム系個人サイト

 ありがとう 14年目突入!


 当サイトの夢
ゲームレビュー数
毎年12本(2023年から)
10年で120本(2032年までに)
40年で480本
総登録数500本オーバー
(クリア履歴はゲームレビュー(一般)へ)


 since 2010.4.5 Was yea ra w.n.s yor. 




「管理人artoにこのゲームをプレイしてほしい」 「このゲームのレビューを書いて欲しい」
というような希望、要望がありましたら、メール or コメントでお気軽にお寄せ下さい♪ その時の状況で出来るかどうが判りませんが、検討いたします。


管理人の対応可能機種:PS4、PS2、PS


もちろん、ゲーム以外のコメント
なんでもOK!
お待ちしております。<(_ _)>


Web拍手、コメントはこちらから。
コメント一覧はこちら。


(※当サイトはスマホだと小さく見づらいので、
場合に応じて拡大推奨)




rssアイコン RSS配信中

2024/4/11 
コメントありがとうございます!
拍手コメント → パんくんさんより1件のコメントとその返信

2024/4/8 
コメントありがとうございます!
拍手コメント → おしるこさんより1件のコメントとその返信

2024/4/7 
ゲームレビュー(一般) → 「スターオーシャン1 First Departure R」 #7

2024/4/2 
ゲームレビュー(一般) → 「スターオーシャン1 First Departure R」 #6

2024/3/29 
ゲームレビュー(一般) → 「スターオーシャン1 First Departure R」 #5

2024/3/27 
ゲームレビュー(一般) → 「ドラクエ3」 プレイ中 その2

2024/3/14 
ゲームレビュー(一般) → 「ドラクエ3」 プレイ中 その1





<新作>
・なし


<通常>
・ドラクエ3(PS4)
・スターオーシャン1 -First Departure R-(PS4)
・イヌワシ〜うらぶれ探偵とお嬢様刑事の池袋事件ファイル〜
・ミンサガ リマスター(PS4)
・ニューダンガンロンパV3(PS4)
・碧の軌跡:改(PS4)
・ドラクエ4(PS)


<年間クリア本数>
2023年 = 13本





以前読んだことのある本
「ほんとうの心の力」(中村天風)
を最近読み返しているのだが、

top


度々うなずく場面が多く、
良い本だなと思う。一つ紹介しよう。


**************************
「情味は心で味わう」

多くの人の特にいけないことは、
生活の中の情味ということを、
物質面にのみ求めることである。
生活の中の情味を味わうというのは、
心の問題なので、物質の問題でないのである。


いかに豊かな収入を持ち、
満ち足りた物質を獲ても、
心が、その生活の中の情味を
味わい得なければ、
あるも無きに等しい。



世俗のいうところの、
金持ち貧乏とか、位倒れとかいう言葉は、
こういう事実の形容詞なのである。
これは、深く考えなくとも
良識のある人ならすぐに理解できるはずである。


たとえば、客観的に、
どんなに恵まれているように
見えている人でも、その人が、
その境遇に飽きたらず、
満足感を感じていないならばどうであろう?


これに引きかえて、
仮に客観的に恵まれていない、
不幸な人に見える人といえども、
一日の仕事を了えて、
たとえ乏しい食事でその空腹を満たすときでも、
それが自分の尊い労役の花であり、
心身を働かした努力の稔りであると、
無限の感謝で考えたらどうであろう?


金殿玉楼の中にあって暖衣飽食、
なおかつ何らの感謝も感激もなく、
ただあるものは不平と不満だけ
という憐れな人生に比較して、
本当に、人生のいっさいを感謝に振り替え、
感激に置き換えて生きられるならば、
はっきりとしてそこにあるものは、
高貴な価値の高い尊い人生ではないでしょうか!


(上記本、P.150より)

**************************


これはその通りだな〜と思う。
みなさんも冷静な時は
解っていることだと思うけど、
現代世界はどうしても物質方面に傾き易い。
お金とか、モノとか、外見の見た目とかね。


それらを求めることは
決して悪いという訳じゃないんだけど、
それら以上に大事なのは「心」の方だということ。
ハート、魂ともいえる。
まず自らの心を管理し、
居心地の悪いエネルギー、
心地よくないエネルギー、
モヤモヤしたエネルギーを管理、監督する必要
がある。


そして、人は動物以上に偉大なもので、
心を良い方にも悪い方にも、
「自ら選べる存在」なのである。


この本は1ページごとの単元になってて、
コンパクトで読み易く、
中々のオススメです。





カフェ読書と買い物をしに秋葉原へ行った後、
帰りにパチンコ店「秋葉原アイランド」
(管理人はもう10年以上スロゲーセン以外で打っていない)
がどんな感じになってるのか寄ってみたところ、



「えっ、めっちゃ臭い!!」



何これ!?
ナニコレ!?


非常にビックリしました・・・・・・。



店内は稼動80%以上のほぼ満席だったのですが、
気分の悪さに耐えられず、すぐさま退店して、
その後も気分の悪さが中々抜けなかった・・・。




この臭いは一体なんなのか・・・?



これが、俗にいう
ワク○ン臭というやつなのか??



いや、たしかにこれまで
電車の中とかどこかのお店とかで
近くの人から多少は感じたことはあるのです。


しかし、
このレベルの異臭、
2分とも耐えられず気分が悪くなる異臭は初めてだったので驚愕してます・・・。



みなさんも店内の異臭にはお気をつけください。
また、この異臭の原因が判る方、居たら教えて下さい。


こういう体験をすると、
今のリモートワーク、オンラインの流れは
たしかに妥当なのかな〜と思ったり。





みなさん、想像してみてください。
天の龍となって、上空から東京を見おろしてるのを想像してください。


ひとつは、
その土地の半分くらいの人が
「世界のみんなが平和でありますように」
「父や母が今日も幸せでありますように」
と祈っている場所。


もうひとつは、
土地のすべての人が
常に自分のことだけを考え、
自分が得をするために他人をどう落としいれようかを考えている場所。


前者は、白や黄金の光のエネルギーが発せられていて、
神さまとか龍は、そういう場所ならばより力を発揮しやすいのです。サポートや守護の力を。


しかし後者は、暗く淀んだエナジー。
『エンジェルビーツ』の影、『ペルソナ4』のシャドウのようなのがわんさかで、神どころか悪魔のような存在が力を発揮しやすいのです。

top


そこから考えると、
人間ひとりひとりの祈りの力というのはかなり強く、プラス方向にもマイナス方向にも大きな力、影響があるのです。



そして、祈りの良いところは、


_我して動けない人でも出来る
∨擦靴た佑任癸械杏辰らい出来る



ほぼ誰でもできる点であります。


もちろん、自分のための祈りをするのが悪いというのはありません。
「神さま、パンチラが見たいです」とか
「神さま、女子(おなご)のおっぱいを見せてください」
みなさんよく祈ることと思います。
みなまで言うな、言わなくとも私には判ります。


しかしそれだけでなく、
たまにでいいので、


お父さんお母さんのために祈る
大切な人のために祈る
世界人類のために祈ってみる


というのをみなさんにはオススメしたい。
ゲームと聖人育成のためにある当サイトとしては、ぜひ、みなさんに祈ることをオススメしたい。
本日は以上。





みなさん、こんにちは!
管理人のartoです。


前回の記事で書いた
「右肘骨折 ワイヤーを取る手術」
が昨日終わりました!


やったあああぁぁぁーーーー!!



右肘にある異物感が嫌でしたし、
右腕を動かすたびにある痛みもストレスでした。
金具を入れた日から「取る手術」が未来にあるという、
「大きな借金が残っている」感も悩みの種でありましたので、
ようやく目の上のタンコブが取れた感じでスッキリです。



(昨年6月、骨折時)
top

top


     ↓
     ↓


(ワイヤーを取った後の今)
top


手術中の予期せぬトラブルで死ななくて良かったぁ〜。
お蔭様で再び我がサイトに戻って来れましたよ、みなさん(^o^)/
我を褒めてください。(*・ω・*)




しかし、



手術自体は非常にハードなものでした。メチャクチャキツカッタ!
今回はその体験をみなさんにもシェアすべく
残しておこうと思います。



****************************************


”賊 措蟒僂僚猗

午前10時45分。家から徒歩圏内の病院へ。
「嫌だな〜」「出来ることなら行きたくない」
と、かなりナーバスな状態で病院に入りました。

数分で名前を呼ばれてベッドのある処置室へ。
ここで手術着に着替えて「ブロック注射」の待ち。
これは肩に大きな注射を刺して、
腕全体に麻酔がかかるものなのですが、
前回の手術時、かなり痛かったトラウマがありまして・・・。


看護婦さんたちは
「大丈夫大丈夫!」
「第一関門突破すれば手術は終わったようなものよ!」

と励ましてくれたものの、 この時点で緊張から漏らしそうでした・・・。



▲屮蹈奪注射

約20分後、先生がやって来られて
「き、来たーーーー!」
歯を食いしばって痛みに備えます。


そして針が入った瞬間、

「痛い!でも、前回ほどではないかも・・・」

思ったより痛まず良かった。(安堵)


しかし、前回同様
麻酔液がうまく流れた合図
(指先にピリッと電流が走るような感覚)
が中々来ず、長い間針を刺している状態・・・。


数分後、ようやく合図が来て終了、となったのですけど、
その後、先生が麻酔の効きを見に来ても
あまりかかってる感覚がなくって、先生も
「あまりかかってないねぇ〜。あとは局所麻酔でやるから」
と非常に心配な状態で手術室へ移動となりました。



手術本番

看護婦さんと一緒に点滴台を押しながら
歩いて手術室へ。
手術台へうつ伏せになる。
この時、痛みの怖さと不安と緊張でガクブルガクブル。(( ;゚Д゚))
まさにまな板の上の鯉状態。
そして手術が始まります。



手術には大きく3つの痛みがありました。



1)局所麻酔

切開前にやったもので、まずこれが痛い!
血管に刺す通常の注射と違い、
肘の近くの固いところに刺すのが
かなり痛いんすよ!しかも十数回も!
今思い出すだけで顔をしかめます・・・。

手術開幕から
「痛っ!痛いっ!」
拷問を受ける奴隷のように連呼してました。


2)ワイヤーと金属を取る作業

局所麻酔が効いてきて、
肘の皮を切開した時、まったくの無感覚だったのには驚きました。
「これなら後はだいじょぶじゃね?」
と、余裕を持ったのもつかの間でした。


これまで、腕の骨と肘頭骨を
ハンガーの引っ掛ける部分のような金属でつなぎ、
その金属が取れないようワイヤーでしばった状態だったのですけど、


そのワイヤーをペンチか何かで切って
金属を取る作業・・・


超ー!痛い!
超絶!!痛いっ!!!



なんと説明すればいいのか。
ペンチか鈍器で骨がねじられる、引っ張られるイメージで、これが言葉で説明できないくらい痛いのです!!


人間、耐えられないような痛みだと
「痛い!」と発することができず
「うーー!」「アァーーー!」
と呻き声になってしまうのですね。


振り返り、書いてるだけで頭痛くなってきました。(苦笑)



3)患部を縫う

痛みの嵐に耐えながら、
「artoさん、取れましたよ」
と言われ、焦燥しきった顔で見たその金属は、
太く、長く、そして大雑把すぎた。
それはまさに鉄塊だった。

というのは言いすぎですが、
予想以上に太くてビックリしましたね。



その後、切開した部分に生理食塩水を流して骨を洗う。
これは意外と気分がよく。



そして最後の縫合。
麻酔が切れたせいか、これがまた痛い!
無麻酔で針で縫われるのをみなさん想像してみてください。
「痛い!痛い!」のオンパレード。


「先生、あとどれくらいですか?」
と二度くらい聞きました。
聞かずにいられんよ!こんなん!


「悟空、はやくきてくれーーー!!」
と叫ぶクリリンかのごとく
「早く終わってくれーーー!」
と顔を伏せ祈るワシ。


その10分後。
ようやっと終了。タイムアップ。
そこには焦燥しきった当サイト管理人が横たわっておりました。


****************************************


今回の手術体験は以上です。
感想としては、


・もう二度とやりたくない!
・もう一回やるなら死んだほうがマシ!



そのような気持ちでして、
もしもう一度このような手術をやるなら、


・全身麻酔でやる手術を選ぶかも


しかし、腕を動かす時の痛み、寝てる時の痛み、
金具が皮膚を引っ張るような痛みがなくなって楽になりました!
あとはリハビリで稼動域を回復し、
骨折から無事卒業!という感じでしょうか。
いやー、ホントにキツかったですよ。。。ではでは。






当サイトに度々訪問してくださるみなさんも、
初めて訪問してくださったみなさんも、



こんにちは。管理人のartoです。
Fin



今日の東京は、雲一つない青空でよいのですが、
風が強くかなり冷たいですね。
私、冬はホントに苦手で、
出来ればクマの様に冬眠したいくらいです。



私の近況として、
昨年6月にやった右腕骨折。
明日、肘に入れた金具を抜く手術をします!



手術自体は全身麻酔でなく、
メスを入れて金具を取って30分くらい。
入れる手術に比べれば楽なものらしいです。
一度体験したので大体どんなものか判るのですけど、
それでも嫌〜ですし、怖い気持ちがあります。
(まずブロック注射が痛い!!)



一方、昨年11月くらいには、
骨がつながってきて身体さんが「もういらないよ〜」となったのか、
金具の異物感、早く取りたい感が出てきてて、
「金具を取るのが待ち遠しい」気持ちもありました。



ちなみに、作家の百田尚樹さんも
最近ガンの手術をされてましたね。




上の動画を観て、
「百田さんも辛いの頑張ったんだから、自分も頑張ろう」
という気持ちになったので、
明日はそんな勇気で手術に行こうと思ってます。
(百田さん、ありがとう!)





さて、今日の本題。非常に短いです。





*****************************************
1/14にたくさんのページで拍手を押してくださった方、
ありがとうございます!ホントに嬉しいです!(≧∇≦)
*****************************************



当サイトは14年やっているのですけど、
SEOが悪いのか、Googleにハブされているのか判りませんが、 Google検索に中々引っかからないのです。
(ダックダックゴーの方がかかります)



そんな、ネットの果てで恋を唄う当サイトとしては、
拍手をいただけるだけで小躍りするくらい嬉しい!



これは、自分の書いた文章を見てくれる、
それが確認できるのが嬉しいのです。


加えて、コメントなんかがあっても嬉しいですし、
ゲームレビュアーとして活躍するのに協力していただけるともっと嬉しいです!




こういう喜びがあると、
私も他の方の動画等を観た時に、
拍手、イイねボタン、コメントをなるべくしてあげたいな、と。
「喜びの循環」というイメージです。





ゲーマーのみなさん、そうでないみなさん、
おはようございます。
管理人のartoです。


まさか本来おめでたい1月1日に
あのような地震が起こるなんて。
予想だにしておりませんでした。



石川県、被災地の方の無事と
生活が一刻も早く平和に戻ることをお祈りします。<(_ _)>




私は都内在住ですが、
昨日感じたこと。


・地震の揺れ自体は大きな、衝撃あるものでなかったけど、
船に揺られているような揺れが長く続いて、
かなり気持ちの悪いものだった。
(たしか東日本大震災の時は、こんな揺れがもっと大きなものだったと記憶してます)


・昨日の記事でも書いた通り、
1月1日に日が変わったあたりから、
風が異常に強く吹いていて、
1月1日は通常穏やかな天気なのに、
なんだかいや〜な感じであった。



この風は「前兆」だったのか?と考えを巡らせたり。
まあ、強風だからとて、地震が起こらない日は多々ありますが。




・・・・・・




そして、昨日の地震を受けて、
「気づき」「教訓」がありまして。


<昨日の地震からの教訓>

今日も命があること、

今日も普通にお雑煮が食べられること、

住む家、部屋があること、

朝フロに入れること、

家族が居ること、

今日もまた生きられること、

これらは決して当たり前でなく、

急に無くなるかもしれず、

ゆえに、

それらが在ることに「感謝」して、

今日も楽しく生きること。

それが大事。


昨年12月18日の日記でも同じようなことを書きましたけど、
私たちは、周りにある現象や人をただスルーするのでなく、
意味のあるものとして
学んでいくべきではないか、と思うのです!



私の今、やりたいと思うことの1つに、
1.ゲーム+ゲームレビュー+このHPの発展
があります。



貴方のやりたいことは何ですか?


「お前にも家族がいるだろう。お前にもやりたいことがあるだろう」
(スト兇離イル風)


top





ゲーマーのみなさん、
ゲーマーでない偶然訪問されたみなさん、
新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。<(_ _)>




おはようございます。
「ゲームレビュアー artoのページ de spiriarto & lucy」管理人のarto@井口です。


これを書いてる時刻は午前3:41。
新年明けて早々に目が覚めました。
新年っていつも穏やかなイメージですが、
今朝は珍しく風が強いです。



今朝、初夢を見ましたので発表します。


<2024年の初夢>
悪者、悪の組織を女性と一緒にやっつける、捕まえる



どことなく幸先の良い夢に感じ良かったです。



昨年元旦のご挨拶で、


「より善い年、より最高の年になると思います」


と書いたのですけど、実際は、


・右腕骨折とリハビリ
・掛け持ちお仕事の一つでキツイ人間関係に直面



などで、かなりの「苦難・危難の年」でした。。。
(よく乗り切ったな〜自分)





昨日は、そんな2023年を振り返りつつ
今年の抱負を考えまして。


<今年2024年をどんな年にしたいか?>

2024年は、

より楽で楽しく、

より喜びたくさん、

よりHAPPYな年にしたい!



それが私の願い。よろしくお願いします。




当サイトにおいても、
ゲームレビュー、その他の記事を書き書きして
HPを伸ばしていきたいと思っております。


それでは、今年もよろしくお願いいたします。
みなさんにとって、
2024年が健康で、より幸の多い年になりますことを祈っております。
ではでは。

top




 since_2010/04/05 Copyright (c) 2010 - 2013 arto-lucy.net All Rights Reserved. レイアウトVer3.0(2013年5月より使用)
・心揺さぶられるDIARY  ・紡いだゲーム感想  ・ゲーム音楽への想い  ・愛すべきゲームキャラ達  ・親子問題の軌跡  ・オナ禁の軌跡  ・トップページ